スポンサーリンク

バックアップソフト「backup」を使ってXPウォレットのwallet.datをUSBメモリにバックアップしよう

前回バッチファイルを使ってバックアップする方法をお伝えしましたが、バックアップソフトを使ってもっと簡単にUSBメモリに保存する方法を見つけましたので解説します。

スポンサーリンク

1/11 バックアップソフト「backup」をインストール

まず最初にバックアップソフト「backup」をインストールしましょう。

下記URLからダウンロードし、インストールします。

http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/backup.html

2/11 バックアップパターンを設定する

インストールしたら早速起動し、「新規追加」をクリックします。

3/11 パターン名を記入する

右側の「設定の一覧」から「名前」をクリックし、「パターン名」と「コメント」を入力します。

パターン名は「wallet_backup

コメントは「XPウォレットのバックアップ

と入力します。(両方共自分のわかりやすい名前でOKです)

4/11 バックアップ元にwallet.datを設定

設定の一覧の「バックアップ元」をクリックし、右側の四角い欄にwallet.datファイルをドラッグ&ドロップし、wallet.datファイルの場所を設定します。

wallet.datの場所の調べ方

・「ウィンドウズキー」を押したまま「Rキー」を押し、出てきた左下の小窓に「%appdata%」と入力します。

・フォルダが開くと思うので、「XP」フォルダを開きましょう。その中にwallet.datファイルがあるはずです。

5/11 バックアップ先にUSBフォルダを設定

設定の一覧の「バックアップ先」をクリックし、右側の四角い欄に「USBメモリのフォルダ」をドラッグ&ドロップしましょう。

「ウィンドウズキー」を押したまま「Eキー」を押すと、すぐにUSBメモリがあるフォルダがでてきます。

6/11 「除外1」「除外2」「オプション」は設定不要

基本的には設定不要です。

7/11 バックアップパターンを設定

設定の一覧の「タイマ」を押して「一定時間待ってバックアップを繰り返す」にチェックを入れましょう。待ち時間は60分にしていますが、ここはお好きな時間をどうぞ。

8/11 「システム」は設定不要

基本的には設定不要です。

9/11 左下の「OK」ボタンをクリックし、バックアップパターンを登録する

OKボタンをクリックしましょう。するとバックアップパターンに登録され、下の画面になるはずです。

それでは「バックアップ開始」をクリックしましょう。

10/11 バックアップ開始

下の画面になったら「そのまま待機」を選択します。(多分最初から設定されているはず)

左下の「OK」をクリックし、バックアップを開始しましょう。

11/11 バックアップされているか確認

バックアップ中は下のような画面になっています。今回は60分に設定したので60分後に再度バックアップされます。

同時にUSBメモリにちゃんとwallet.datが保存されているか確認しましょう。

更新日時がバックアップを開始した時間ならOKです。

お疲れ様でした!

もしPCを再起動した時は

大変便利なバックアップソフトですが、一つだけ欠点があります。

それは、一度PCの電源を落としたらその都度backupを起動する必要があるということ。

恐らくマイニング中はPCの電源を落とさないですし、たまに再起動するとbackupの起動を忘れてしまう可能性が高いです。

そのため、PCが起動したらバックアップも同時に起動しておくよう、windowsに標準搭載されている「タスクスケジューラー」にbackupを設定しておきましょう!

設定の仕方は本「backup」ソフト開発者様のブログに書いてあるのでリンクを貼っておきます。

http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/backup-qa/qa-1-7-8.html

ポイントはリンク先の「バックアップを行う頻度を選んでください。」の場所です。

「いつタスクを開始しますか」のところで「コンピューターの起動時」にチェックを入れておきましょう。

また「引数の追加(オプション)(A):」には

-n wallet_backup -s

と入力しましょう。

※オプションの意味

-n・・・バックアップパターン名を指定(この場合wallet_backupを指定という意味)

-s・・・起動時にバックアップ開始しますか?などのメッセージを表示しない

リンク先の「-c」というオプションは「バックアップが終了したら直ちに終わらせる」という意味なので、60分おきにバックアップを取らなくなってしまいます。外しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする